画面強度UP、撥水性UP、電磁波対策はパワーコーティング!あなたのスマホをお守りします!

電磁波カット

携帯からの電磁波は人体に影響

世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は、携帯電話から発せられる電磁波が、発がん性が疑われると指摘。
鉛やガソリンエンジンの排気ガスと同じレベルのリスクとなっております。(リスク評価5段階の3番目、最上位に位置するのがタバコやダイオキシン、アスベストなど)
現代の「公害」ともいえる「電磁波問題」、海外では低年齢の携帯電話のご利用を規制している国もあります。
また、「携帯電磁波」は脳のエネルギー消費を7%増大させたとの研究結果も発表されています。

iPhoneのこの表記をご覧になったことはありますか?

電磁波カット

例の画像の表記はiPhoneの「設定<一般<情報<法律に基づく情報<高周波曝露」でご確認いただけます。

携帯電話やiPhoneなどの各種スマートフォンの注意文章には、「人体から10mm以上離してください。」等と注意書きがあります。
検査時と同じレベルの安全性をキープするには、人体から10mm以上離して使用してください、との事ですが、通常私たちが通話をする際、耳に触れない状態での使用は不自然ですよね。
かなり注意深く読まないと、私たちはこうした記述に気が付きません。
電磁波の研究はまだ日が浅く、最終的に危険と結論付けられていませんが、「危険」を示唆する報告や記述があるということも事実です。
総務省も「リスクを上昇させるとは言い切れないが、極端に長時間の使用は避けるのが賢明では」としていますので、私たちはこれらを理解し、より安全・安心な選択をしていかなくてはなりません。

 

電磁波カットテストによる結果電磁波90%以上カット

電磁波カット

PR

スマホ画面強化,パワーコーティング
加盟店募集中
ページ上部へ戻る