画面強度UP、撥水性UP、電磁波対策はパワーコーティング!あなたのスマホをお守りします!

スマホの新常識!?ガラスでもフィルムでもないパワーコーティング!

10.30

スマホ操作する女性

最近、猫カフェでお茶などしながらまったりと休日を過ごすことにハマっているnyakki405です。
今回はパワーコーティングがどんな場面で役立つのか?その具体例を挙げてみます。

 

パワーコーティングの特徴

折角の最新式スマホでもガラス面に指紋が残っていたり油脂でベタベタとしていると台無しです。

パワーコーディング施工後は指紋や油脂が付きにくい加工になっているのです。

買ったばかりスマホをあまり汚したくないと軽く触れる程度にしかスマホを使わないなどの気遣いは、このパワーコーティングを施工すれば心配も軽減されるでしょう

 

パワーコーティングの実力

最近は空前の猫ブームと言われていますが、ペットを飼っている方でスマホをついつい寝転がって使っているとペットがよってきてスマホを引っ掻かれたりして困っている人もいるのではないかと思います。

とくに猫にとっては寝転がってスマホを使っている動作が、猫の好奇心を刺激して感心を引き付けてしまうようです。

パワーコーディングは傷に強いと品質を兼ね備えているので例え「ネコパンチ」のような引っ掻きを受けても傷つきにくいと言うわけです。

小型犬もたまたま置いていたスマホなどを踏んづけたりスマホの画面が動作することに喜んで前足でスマホを押したりタップしたりする動作をします。

最初はご主人も「可愛い」と笑っていても、日課のように毎回となればスマホが傷付かないか心配になるところです。

まさに「やめて○○ちゃん」と言った状態だと思います。

 

JIS(日本工業規格)の基準に合格

パワーコーディングを施工後のスマホの表面の強度は品質チェックではHBの鉛筆でスマホのガラス面に引っ掻くような動作をしても傷が付かないのです。

これはあくまで品質テストなのでお薦めはしませんが、単なる保護フィルムだと強度と言う点では劣る者が少なくなく綺麗なガラス面に一筋の痕が残るケースが多いのです。

パワーコーティングは8Hと言う鉛の多い鉛筆で引っ掻いても傷が付かない品質を証明する「硬度8Hグレード」と言うJIS(日本工業規格)の基準に合格しています。

愛猫や愛犬に隠れて(笑)スマホを使うことをしなくても、自宅のリビングでゴロゴロとしながら思う存分にスマホを楽しめるというものです。

パワーコーティングの施工後の実力をペットと生活する上でのお役立ちなどをご紹介しました。

次回もパワーコーティングのことに付いてお知らせしていきます。

PR

スマホ画面強化,パワーコーティング
加盟店募集中
ページ上部へ戻る